+8

ニューヨークポストのレポート:

女性は斬首され、他の2人は「アラフアクバル!」と叫んだナイフを振るう「テロリスト」によって殺されました。フランスの都市ニースの教会で—木曜日に国を標的とした3つの攻撃の1つ。

クリスチャン・エストロジ市長 Twitterで言った 攻撃はノートルダム大聖堂またはその近くで発生し、その警察は加害者を拘束しました。

エストロジは攻撃者を「テロリスト」と呼び、「アラフアクバル!」と叫んだ。 —「神は素晴らしい」という意味のアラビア語—警察が彼を首輪にしたとき、「彼のジェスチャーの意味は疑いの余地がなかった」と繰り返し言った。

「ナイフの攻撃者の容疑者は、拘束されている間に警察に撃たれました。彼は病院に行く途中で、生きています」と彼は記者団に語った。

これは続く その他の最近のニュース 教師の見出しの。

私たちは祈る必要があります:

殺害された人々の家族のために祈ってください。

殺人事件が捕らえられ、裁判にかけられるように。

仲裁者と伝道者が協力して福音を送るように祈りましょう。

フランスのイスラム教徒がイエスの夢と幻を持って回心するように祈りましょう。

フランスでのテロ攻撃に対して祈る。

+8

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ja日本語